BLOG

【悩む】と【考える】の違い

 

 

突然ですが問題です!

 

 

じゃじゃん

 

 

「67+75は?」

「142!」

 

 

当たってました?

(お願いだから当たっていてください。笑)

 

 

では第2問

 

 

あなたはこの正解を次のうちどちらで導きましたか?

 

 

A.考えた。


B.悩んだ。

 

 

Aだと思います。

 

 

 

今回、お伝えしたいのは

【悩むと考えるの違い】

 

 

この違い、明確に説明できますか?

 

今回は人生をとっても豊かにしてくれる時間の使い方をお話します。

 

 

 

 

【悩む】と【考える】の違い

 

 

 

 

【悩む】と【考える】の違い

 

それはズバリ「正解があるかどうか」です。

 

 

正解のないことに頭を使うこと

【悩む】といい

自分なりの正解を導き出すために頭を使うこと

【考える】と言います。

 

 

冒頭の計算問題は、

正解を導き出すために頭を使っていたので【考えている】時間でしたね。

 

 

【悩んでいる】時間とは、

 

たとえば、

 

「今日のお昼はパスタにしようかご飯系にしようか」

「うーん、どうしよう。しっかり食べたい気もするけど、うーん、、」

「はっ!もうこんな時間!休憩時間終わっちゃう!」

 

みたいな。

 

 

これはちょっともったいない時間の使い方ですよね。

 

 

 

私は【悩む】時間(特に凹みながらのヤツ)が

 

人生の中でも結構無駄な時間だと思っています。

 

 

 

逆に、

 

【考えている】時間は人生で最も重要だと思っています。

 

 

 

 

3年悩んでも答えは出ない

 

 

 

 

世の中にはビックリするぐらい悩みがたくさんあります。

 

・学生が進路で悩む

 

・会社員を続けるか辞めるか悩む

 

・社長は経営で悩む

 

・私はあと5キロがどうしても痩せないって悩む

 

 

 

ハッキリ言って悩むのは無駄です。

だって、正解がないんですから。

3年悩んでもスッキリ満足の答えは出ないと思います。

 

 

そのもったいない時間を正解を決めるために、

 

つまり【考える】ことに費やしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

考えているか?考えているフリか?

 

 

 

 

答えのないことに悩むよりも

 

自分なりの正解を決めるためによ〜く考えること。

 

 

普段から考えている人ほど悩みは少ないようです。

 

 

1つだけ注意なのは
「考えてるふりをして悩んでいる時間」

 

そんなトリッキーなフェイントをかけている時があります。

 

 

これが自分ではなかなか気づけません。

 

そんな時のために
考えているか悩んでいるかの基準をお伝えします!

 

 

それは

 

【紙とペンを持っているかどうか】

 

です!

 

 

紙とペンを持っていなかったら
それは考えていない。フリである。

と言っても過言ではないでしょう。

【考える】ことは何かにアウトプットして初めて価値が生まれます。

 

 

タブレットでもキーボードでもいいんですが、アウトプットと合わせて考えてみましょう。

 

 

おすすめなのは手書きの脳の活性効果。

 

まずは手元に紙とペンを用意することから始めてみてくださいね!

 

 

 

まとめ

 

 

悩むと考えるの違いはわかりましたか?

 

「自分は今、悩んでいるか?考えているか?」

 

こんな自問を活用してみることをおすすめします!

 

 

さあ!

 

悩むのをやめて考えましょう!!

 

 

でも、ここだけの話、幸せな「悩み」も実はあります。

 

 

今日のおやつはシュークリームにしようか?

豆大福にしようかっ???

マジで悩む。。。。

 

そして、だから痩せない。

 

 

 

【人気記事】

 

心の成長と人間関係の仕組み

 

 

お問い合わせ募集中!

 

がんばる社長からのご質問を募集中です!

 

・チーム作りに悩んでいる
・なんかスタッフが元気ない
・もっとこんな内容が知りたい

 

などなど
気軽にご連絡ください!