社員にすべきことをやり切らせたら、とんでもないことになった

こんにちは。

今回の特集は福永が担当します。


大学卒業後、ヘルスケア業界で1000名以上のトレーナーを育成。 セールス下手でも日本の隅々にまで展開することに成功。 好きで得意なことで役に立つと自分も周りも幸せだ。と確信する。 その後、独立起業。インナーブランディングの専門家として活動中。 趣味はトライアスロンだが走るのは嫌い。サウナとバスケ観戦が好き。 焼肉の部位はハラミ。フラップスプランの代表。


というのも、今回でブログNo.100となったのですが、実はここまでは一つのプロジェクトとして進行していたのです。

ブログ100本プロジェクト!!

さかのぼること2021年9月上旬。

「みんなで年末までにブログ記事100本書くから。やるから。」

と、スタッフ2名に宣言をしました。

【巻き込まれた人たち】


ユカ 物書きレベル2:日記は過去に書いていた。うまく伝えられず困った時には笑顔で乗り切ってきた。


ヒラク 物書きレベル1:Twitterより多く文字を書いたことがない。うまく伝えられず困った時には身長の高さでなんとかしてきた。


(ブログを書き終えて大掃除をしました。ヒラクに脚立は不要です。笑)

目的は3つありました。

  1. リーダー育成やチームづくりに困っている方の助けになりたいと以前から思っていて、早急に情報発信をスタートしたかった。
  2. スタッフに書いて伝えるという力を身につけて欲しい。
  3. スタッフに困難なことに挑戦し、かつ達成して自信を身につけて欲しい。

4ヶ月で100本、つまり一月平均25本。

これを3人で割るので、1人約8本。

要は週に2本ペースで書いていかないといけません。

しかも!

単純にダラダラ日記を書くならまだしも、

  • 誰かの役に立つ内容
  • 誰かの気づきになる内容
  • 誰かの心が動く内容

で、

  • 文字数は1500字前後

という条件付き。

さらに!!

全員、通常業務はありますし、週末にイベント運営がある日もあります。

冷静になってみると、かなり過酷な条件です。

しかし!!なんと!

我々はなんと2021年12月24日にブログ100本ノックを達成いたしました!!

本当に時間との戦いで、最後のみんなの追い込みはすごいものがありました。

ただ、まだまだ、たったの100本です。

盛大におめでとうと言うには時期尚早。

ここはまだまだ通過点、

で・す・が。

一応、区切りということでミッションを終えたスタッフにインタビューをしました。

この取り組みでどんな変化があったのでしょうか?

スタッフに挑戦することを伝えたい経営者や幹部の皆さまの参考になれば幸いです。

ミッションを終えたスタッフにインタビュー

最初、プロジェクトを聞いてどう思った?

ヒラク

100本っていう数字の多さに、とりあえずビビりました。

ユカ

なんてことを言いやがるんだ!と思いました。笑。

福永

口が悪い。笑。

ヒラク

そもそも文章を書くのがあまり得意ではないので、え?自分も書かないといけない?できるのだろうか?いや、無理なんじゃないか?って心の中で無限ループでした。

ユカ

やりたくないなあって思いましたが、社長は言ったら絶対やるだろうし、やらないで見てるのも嫌だ。

やらないでヒラクと社長が「やったね!」ってなってるのを想像した時に。 私も書いてちゃんと「やったね!」って思いたいなと、だからちゃんとやろうと思いました。

福永

そんな葛藤があったんですね。笑。

実際に書き始めてみてどうだった?

福永

実際に月8本という当初の予定でしたが書き始めてどうだった?

ヒラク

実は、最終的に僕は月3~4本になりました。

福永

記事の編集とサイトへのアップ業務があったからね。

ヒラク

それでも最終的にモタついてしまって。最後12月に猛烈に回収するみたいになってしまいました。

ユカ

書くことも大変だったけど、同じぐらいタイムマネジメントも大変だって気づいたよね。

ヒラク

目標設定することと計画することの大切さを学びました。

あと、その中で「面白かった」とか反応をいただけるとすごくモチベーションになるんだってことがわかりました。

福永

ユカさんは元々自分のブログとか書いていたけど、大変だった?

ユカ

めちゃくちゃ大変でしたよ!最初の一本を書くのに10時間かかったんですよ!笑

福永

(爆笑)そうだったねぇ。泣きながら書いてたね。笑。

ユカ

普通、10時間もかかったら「効率悪いからやめようか」って言ってくれると思うじゃないですか!笑

福永

やめさせなかったね。笑。あとで計算したんだけど、一文字書くのに2分半かかってる計算。

ユカ

(爆笑)感想文とか「想い」は書けるんですけど、誰かの役に立つ文章ってなった瞬間フリーズですもん。何回泣いたかわかりません。(笑)でも、その手順を知らなかったというか、伝わる書き方の勉強ができた感じでした。

ヒラク

最後の方すごく早くなってましたよね?一本書くのにどれぐらいになったんですか?

ユカ

最後の方は1時間半で書けるようになりました!(ドヤ顔)

福永

すごい成長だよね。やっぱり続けるってすごいね。

みんなで100本達成してみてどうですか?

ヒラク

やっぱり100っていう数字が最初、すごく怖かったんですけど、みんなで分担してやると意外とできちゃうんだなって思いました。

ユカ

やればできる。って本当なんだと思いました。まずやってみるが大事だなと。

福永

ほんとそうだね。俺もそう思った。

ユカ

もしも自分だけで立てた目標だったら、多分とっくに、もうその最初の10時間で挫折してたんで。笑。目標を決めてもらうっていうのも、できないうちは大事なのかなって思いました。

ヒラク

僕も多分無理でした。笑

ユカ

最初は「やらされ」でも、やれるようになったら「楽しくなる」っていうのがあるんですよね。まずは素直力全開でやってみる。

福永

最初は書きたいって感じじゃなかったもんね。

ユカ

一ミリも書きたいなんて思ってないですよ!笑。やりたいもないし、やって成長したいもないし、成長できるかも?もないし、やりたくない!しかなかったです。

もう、どうやって早く終わらせようとか、毎月の振り分けも少しでもこっち来んな!こっち来んな!と思ってました。笑

福永

止まらんやん。めちゃ嫌やったんやん。笑。

ユカ

それでもやってよかったんですよ。これが。上手かどうかはまだわかんないですけど、「書ける」という自信が手に入りました。

最後に読者のみなさんにメッセージをどうぞ

ヒラク

僕の場合は、書くことがゴールじゃなくて、届けることなので。お二人から預かったコンテンツを読みやすく装飾や編集をして配信していければと思っています。

福永

いいですね~。ゴール見据えてますね~。

ユカ

無理なことを無理と言ったら、もう無理だから無理と言っちゃいけないんです。

無理だけど、じゃあやろうってやって無理だったら、無理だからもう無理なので本当に無理なんだと諦められるじゃないですか。

福永

早口言葉みたいになってるけど、いいこと言ってる。
みんなで目標達成すばらしい!お疲れ様でした!

ユカ

お疲れ様でした!

ヒラク

お疲れ様でした!

というわけで、最終的には

福永39本
ユカ30本
ヒラク30本(リライト含む)
3名の合作1本

という結果に。

私自身もスタッフ2人をサポートしながら、自分を鼓舞している部分がありました。

そして、苦手なことでも困難なことでも伴走さえあればゴールまで辿り着けるという体験ができました。

教育とは、「教える」と「育む」の組み合わせです。
教えてもすぐにはできません。
育むために時間を共にすること。
これがいかに大事かということを学ばせてもらいました。

これからも、もっとたのしくおもしろく生きていく人が増えますように。

コツコツと情報発信を継続していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

【おまけ】アクセス数はどうなった?

福永

100本書いたブログのうち、今日まで60本以上公開してきたけど、アクセス数はどうなの?

ヒラク

ページビューは220%の増加です! ちゃんと継続することで成果が出て嬉しいです。
コメントもいただけたりして、とても励みになりました。

福永

書く力や継続力だけじゃなくて、実際に定量的な数字の変化も見れて嬉しいね。

でももっともっと多くの人に読んでもらいたいよね。

ヒラク

そうですね。

福永

もっと具体的に使える情報発信を増やして日本中、世界中のチームづくりの悩みを解決して、ワンネス経営®に興味を持ってもらえる状態を目指さないといけないね。

ヒラク

頑張ります!これからもよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!
>