BLOG

毎日の『○○○日記』が影響力を高める!?

ビジネスにおいて「影響力」は非常に重要な力といえます。

今回は、影響力に直結する“言葉を磨く”ための具体的なトレーニング方法をご紹介!

しかも、同時に「◯◯◯力」も鍛えられる!

とんでもなく一石二鳥なトレーニング方法です!

ぜひ最後までお読みください。

体験・体感が確信に変わった瞬間

私がこのトレーニング方法に出会ったのは、私の師匠(えのさん)が開催している

ESJというセミナーでした。

150日間で目標達成の習慣を身に着ける。

という内容。

さまざまなレクチャーやワークがあるのですが、

その中でも私自身が150日間欠かさずにやり続けたこと。

それが「◯◯◯を日記につけること」でした。

そのしばらく後に“ラーメン一風堂”の河原茂美社長の講演を拝聴しました。

「上司の仕事は部下のあり方を育てること」と明言されていたので、

私は講演後、出待ちをして河原社長に突撃取材を試みました。

福永

河原社長!

人のあり方を高めるためにはどうしたらいいですか!?

河原社長

そうやなぁ、毎日◯◯◯を書き綴ることやなぁ

なんと!

名古屋のセミナーで体験したことと全く同じことを言われたのです。

名古屋のえのさんセミナーで体験、体感し、

河原社長の一言で確信に変わったこのトレーニング。

それは、

日々の『気づき』を文章で書き綴ることです。

え?それだけ?

と、思われるかもしれませんが、これがものすごく効果があるんです。

ポイントは2つ

1.  感想だけで終わらない

2.  短く書くこと

1. 感想だけで終わらない

1つ目の「感想だけで終わらないこと」というのは

例えば、

「今日は、仕事で失敗してしまった。なんだか、周りの冷たい目が気になった。次は気を付けよう。」

この文章は【出来事】+【感想】

で構成されています。

これだとただの日記。

しかし、

気づきの日記はこのようになります。

「今日は、仕事で失敗してしまった。なんだか、周りの冷たい目が気になった。気づけば相手の何気ない言動の中に自分を責めている言葉を探している自分がいた。人は世界を自分の見たいように見ている。だからこそ、本当に見たい世界をイメージする。」

このように気付きの日記は

【出来事】+【感想】+【考察】+【行動変容】

で構成されるのです。

特に【考察】の部分がとても重要です。

・ なぜそうなったのか?

・ なぜそう考えたのか?

そして、

【行動変容】

・未来にどうつなげるのか?

を書きます。

なんだか小難しい感じがするかもしれませんが、

書いてみると意外とできるのでご安心ください。

2. 短く書くこと

そしてポイント2つ目。

それは「短く書くこと」です。

「長く書く」というのは意外と誰にでもできることなのです。

実は「短くまとめる」ことの方が難しい。

短くまとめるためには「物事の本質をつかむ」必要があります。

さらに、短くしないといけないので、

【言い換え】を求められます。

【言い換え】を繰り返していくと語彙の豊かさが生まれます。

あの斎藤孝さんも本にしているくらい

語彙力は大切な力なのです。

この気づき日記トレーニングによって

・思慮深さ

・論理性

・小さな変化に気づける目

・本質をつかむ力

・語彙の豊かさ

を養うことができます。

これらの力が統合されて言葉が磨かれていきます。

さらに気づき日記トレーニングを通して、

・ 人生観

・ 家族観

・ 仕事観

など、自分自身の軸を明確にすることを何度も繰り返し、

『これだ!』

と自信をもって言える価値観が見えてくると思います。

まとめ

今回は言葉を磨いて影響力を高めるためのトレーニング方法をお伝えしてきました。

しかも気づきの力を高めるパワフルでお得なやつです!

気づきの力はあり方にとても関与します。

なぜなら気づかなければ改善することも、褒めることも、叱ることもできないからです。

何度も「整理整頓しなさい!」と注意してもできない人は、

その人の基準では整理整頓されている可能性が高いのです。

気づきの力を養うには、気づこうと思う一歩目が必要です。

そのためにとても効果的な気づき日記。

ぜひ実践してみてください。

気づく力を養い、言葉を磨き、あり方を高めていきましょう。

【この記事を書いた人】福永寿徳(理学療法士)

大学卒業後、ヘルスケア業界で1000名以上のトレーナーを育成。
セールス下手でも日本の隅々にまで展開することに成功。
好きで得意なことで役に立つと自分も周りも幸せだ。と実感する。
その後、独立起業。インナーブランディングの専門家として活動中。
趣味はトライアスロンだが走るのは嫌い。サウナとバスケ観戦が好き。
焼肉の部位はハラミ。フラップスプランの代表。

 

【この記事を書いた人】福永寿徳

大学卒業後、ヘルスケア業界で1000名以上のトレーナーを育成。
自身はセールスが苦手だったにも関わらず、日本の隅々にまで商品を展開。好きで得意なことで役に立つと自分も周りも幸せだ。と実感する。
その後、独立起業。
インナーブランディングの専門家として活動中。
趣味はトライアスロンだが走るのは嫌い。
サウナとバスケ観戦が好き。
焼肉の部位はハラミ。フラップスプランの代表。

ワンネス経営®プログラム