肩書きを持ったあなたへ

「マネージャー昇進おめでとうございます〜!」

ありがとうございます。えへへ(照)

努力の甲斐あってポジションが上がって嬉しいですね!

本当におめでとうございます。

3日ぐらいは浮かれていただいて大丈夫なので、

このブログは3日ぐらい寝かしてから

ぜひお読みください。

・・・

さて、3日経ったわけですが。笑。

 

 

そろそろ冷静になっていただけましたか?

耳が痛いこと言ってもいいですか?

 

 

マネージャーとか部長、課長という役職はただの肩書きです。

会社での役割であって、決してあなたがリーダーかどうかを証明するものではありません。

 

肩書きだけでは人を導くことはできないのです。

 

あなたがリーダーかどうか?は周りのメンバー(部下)があなたを認めるかどうかです。

周りが認めるリーダーとはリーダーシップという能力を持つ人です。

 

そうなると気になってきませんか?

 

結局のところ、

リーダーシップとはなんなのだろうか?

 

今回はマネジメントに必要なリーダーシップについてお伝えしていきます。


大学卒業後、ヘルスケア業界で1000名以上のトレーナーを育成。 セールス下手でも日本の隅々にまで展開することに成功。 好きで得意なことで役に立つと自分も周りも幸せだ。と確信する。 その後、独立起業。インナーブランディングの専門家として活動中。 趣味はトライアスロンだが走るのは嫌い。サウナとバスケ観戦が好き。 焼肉の部位はハラミ。フラップスプランの代表。


 

1.リーダーシップとは

経営者や管理職にとって、

「リーダーシップ」は最も重要な能力である

と言っても過言ではないと思います。

 

なぜなら

 

リーダーシップとは他者への影響力。

つまり、人を動かす力です。

 

どのようにしたら影響力を高めることができるのでしょうか?

 

 

影響力は「あり方」と「やり方」という

2つの要素の掛け算で成り立っています。

 

重要なことは、この2つは掛け算なので片方が大きくても、もう片方がゼロに近いと影響力も小さくなってしまうということです。

 

パソコンを例にとってお話しします。

パソコンはWindowsやMacといった「OS」とofficeなどの「ソフト」があって始めて動きますよね。

 

「OS」×「ソフト」でパソコンは動きます。

 

ではここで、懐かしのWindows95(OS)に、最新版のOffce365(ソフト)をインストールするとどうなるでしょうか?

きっと反応しないですよね。

もし仮に動いたとしても、速度はきっとものすごく遅くなるでしょう。

 

どんなに優秀な最新のソフトを入れたとしても、それを動かすシステムの方が弱かったら全体の能力は弱い方に揃ってしまうのです。

 

これを人間に置き換えても全く同じことが言えます。

 

「OS」=「あり方」
「ソフト」=「やり方」。

 

「あり方」とは、
情熱考え方言動・振る舞い

 

「やり方」は、
手順テクニックコツのことです。

 

つまり、

普段のあなたの振る舞いや行動あなたの知識や技術を掛け算して、

相手に対する影響力になるのです。

 

2.矛盾している人の影響力は弱い

「影響力=やり方×あり方」

これが影響力の方程式です。

どんなにテクニックが優れていても、

コーチングやマネジメントの知識を勉強しても、

その人の「あり方」のレベルが低ければ、影響力は発揮されません。

 

 

わかりやすい例を挙げると

・めちゃめちゃ太っているダイエットトレーナー

・虫歯だらけの歯医者さん

・遅刻をめちゃめちゃ説教する遅刻常習犯の先輩

どうでしょう?

 

なんの説得力もありませんよね。

 

そんな人たちがどれだけ正論を言っても

あんただけには言われたくないっ!

という気持ちになってしまいます。

 

どうも言いたいことが伝わってないな?と感じることがあるならば。それはあなたの言動が矛盾しているからかもしれません。

 

まずはあなたのあり方に注目する必要があるのです。

 

3.影響力を高めるとは積み重ねること

 いかがでしょう

影響力を高めるためには「あり方」が重要

だということがご理解いただけましたか?

 

経営者や管理職の方は、とても勉強熱心です。

興味のあるセミナーや本があったら休日も返上してご自身のスキルアップに時間を使う方ばかり。

 

勉強することはとても素晴らしいことですが、それが「やり方」だけに偏ってしまうと影響力は強くなりません。

 

影響力を高めるためにも、やり方の勉強に使っている時間を、少しでもあり方を高める時間に使ってみてください。

 

 

結局そうなります??って話なんですが。

やっぱり大切なのは、「コツコツ積み重ねる」こと。

 

例えば、どんな小さな約束でも守ること。

それを続けること。

 

人が人を見て判断する。というのはそういうところで判断するから。

それは人間的価値を高めることにつながり、少しずつ周りの反応が変わってくるはずです。

 

4.まとめ

 

・リーダーシップとは他者への影響力

 

・影響力=あり方×やり方

 

・あり方を高めるとは積み重ねによって人間的価値を高めること

 

 

チームの生産性は役職(見せかけのリーダー)ではなく、密かに機能しているインフォーマル組織(非公式な真実の人間関係)に左右されることがわかっています。

 

肩書きとリーダーシップを一致させ影響力のある真のリーダーを目指しましょう。

 

あり方とやり方を高め続けるために

ワンネス経営®の公式LINEでは経営者と管理職向けのチームビルディングについて定期的に情報発信を行っています。

LINEから配信を受け取り実践していく事で、あり方とやり方を磨き、影響力をどんどん高めていってください!

配信を受け取る方法は下のボタンから友達追加していただくだけです!

事務局:スズキヒラク

リーダーシップとは影響力
最新情報をチェックしよう!
>