教えるのって難しい!そんなあなたに朗報です。

ワンネス経営研修は経営者と幹部メンバーから学んでいただき
マネージャー、次世代リーダー、そして新卒者への依頼もいただくようになってきました。

そんな中、ある受講生さんから
「学んだことの部署内で落とし込みをしてみたのですが、
びっくりするくらい上手く教えられなかった!」
というお悩みの声をいただきました。

今回は社内に浸透させるためにはどうしたらいいのか?

是非参考にしていただけたら嬉しいです。


1989年3月28日生まれ フラップスプランの笑顔担当。富山産。いみずPR大使に就任! 歌を愛し歌に愛された女。 横浜在住5歳児ママ。 自分で決めたことを実行、継続、達成できる人を目指してトレーニング中。トライアスロンシーズンイン!!好きな日本酒は勝駒。


なぜ教えようとすると上手くいかないのか?

新しい学びを得たとき、教えてあげたくなるもの

しかし、教えてあげようと思った瞬間、伝わらなくなってしまう。

その理由は3つ

1 教えるにはもっと深い理解が必要

よく「1教えるためには10の理解が必要」と言われます。

わたしは最近免許を取得し、車の運転ができる人!になったわけですが、自慢じゃありませんが、絶対に教えることはできません。自分で書いていて妙に納得しました。習ってようやくできる、の状態で上手に教えることなんてできるわけがないのです。

「知って分かる」と「できる」の間には凄まじい溝がありますが、さらにその先の「できる」と「教える」の間には日本三大深湾である我らが富山湾ぐらいの深い溝があるのです。(ついに例え話に使える日が来た!え?分かりにくい?)

2 教えると教わるの上下関係

「え?知らないの?教えてあげる」
この言葉に集約されている関係性。

それは、知っている私と知らないあなたという無意識マウント上下関係。

特にそもそも普段から上司と部下という上下関係がある上に、さらに上から目線でのレクチャー。部下からすると都合よくコントロールされるのではないかという恐れすら生まれてもおかしくありません。

教えてあげるという驕りを手放し、気づいてもらうということ。

わたし自身もアシスタントとしてサポートするときに大切にしています。

3 シンプルにトークスキルの欠如

例えば誰もが感動するような名作映画を見た人から、いかに素敵だったか?という話をされた時、シンプルに話が下手な人のレポートはイマイチ伝わってきません。特に見たり聞いたりしたストーリーのあらすじを簡潔に話すということは非常に高度な技術が必要です。

芸人さんたちのすべらない話を想像してもらえると分かりやすいですが、聞いているのと話すのでは大違いです。習った内容をサラッと話すだけのトークスキルがシンプルに足りてないことが大半です。

“教えなきゃ”より”伝えたい”

じゃあどうしたらいいのよ〜!?

と、ハンカチの角をかじっているあなた。枕を涙で濡らしているあなた。

朗報です。

教えるのではなくて、伝えたいと思ったことを話せばいいのです。

習ったことの全てを正確に伝達しようとするのではなく、自分が特に刺さった部分、心に響いて今日から行動を変えていこう!と思えた部分について、講義の内容はそこそこに、自分がどんな気づきを得たのか、その時自分がどう考えたのか?なぜそう考えたのか?をシェアするのです。

この「気づきのシェア」と先ほどの「教える」とは違うのか?それは自分の言葉で話しているということです。教えるのはあくまで他人の言葉であり、気づきのシェアは自分の内側から生まれた言葉なのです。だからこそ、この自分の言葉は多少スキルが低かったとしても、(ああ、この人はこの部分に感動したんだ!)と、ちゃんと想いや気持ちが伝わるのです。

共通言語・共通認識は最強説

教えるのではなく伝えたい内容でシェアができたなら、ぜひ日常言語にしていきましょう。 冗談でもいいから使えばいいのです。

(もっと自分で考えて提案してよ!)と思ったら、

「ナイス自主性!次は主体性を発揮できるとしたら?」という声がけをしましょう。

他にも、

「もうすぐティッピングポイントきちゃうね!」

「エスパーニーズ出ちゃってるよ〜!」

「ということは〜?ありがとうおかげさまで〜?」

受講してない人からすると、何の話?と思うかも知れません。

ワンネス経営の中で出てくるいくつかのインパクトのある言葉なのですが、
これを共通言語にすることが大袈裟じゃなく最強のチームへの一歩目なのです。

さらに、ここに研修の共通体験がセットになると無敵なのです!!

たくさんの人に受講してほしいなぁ。と思います!!!

まとめ

社内に浸透させるためには

教えるのではなくて、伝えたいと思ったことを話せばいい!

「チームの共通言語にしていきます!」

「共通認識にするために部下にも共有します!」

研修の最後に言っていただくととっても嬉しく思います。

自分のために学び、人に伝えるために理解を深め、
チームに貢献しようとする姿はとっても素敵です。

是非あなたの言葉で自信を持って気づきをシェアしてください!

共通認識・共通言語にして強いチーム作りがしたいという想いを伝えてください!

そして、最後に一緒に復習しよう!とこの動画を活用していただけたら嬉しいです。

ワンネス経営のYouTubeが出来ました!!!

チャンネル登録お願いします!

いつでもどこでもポケットにトレーナーふくさんを!

チームのお悩みやあのパートの復習動画が欲しい!など
リクエストどしどしお待ちしております。

それでは、次回研修でお会いできるのを楽しみにしております!

まだワンネス経営を導入されていない企業様はこちら↓

最新情報をチェックしよう!
>