BLOG

世界をつなぐ!社内イノベーションPJ始動!

会社名 丸糸株式会社
代表者 代表取締役 石黒裕規 様
事業内容 各種繊維資材の企画、製造、販売
・車両資材(自動車シート、ヘッドレストなどの内装資材)
・繊維資材(インテリア、寝装、手芸、レース)
従業員 50人(2020年現在)
HP https://maruito.net/

次代のグローバルスタンダードを創る

丸糸株式会社様は1950年(昭和25年)に原糸商として創業。日本国内のみならず、中国、ベトナムに進出し、繊維商社として車両資材を主体に社業を拡大されてきました。時代のニーズに合わせて変化し、成長してきた70年。

さらに次のステージを目指し、「社内イノベーションを起こしたい!」という石黒社長の想いを受け、ワンネス経営研修の導入が決定しました!

次世代を担うメンバーの育成のため社内イノベーションPJが始動致しました!

今回は先日修了された第1期のレポートをアシスタントの水越ユカがお届けさせていただきます。

緊張の初回!!

今回は初の試みで、本社と支店をZoomで繋ぎ研修を行いました。

わたしはZoomでのアシスタントを担当させていただきました。モニターから見た本社メイン会場は、初回の緊張感もあってか、少しだけ消極的な印象を受けました。

会場内のモニターにZoom受講の皆さんを映し出して実施。マイクとスピーカーを使用して、お互いに意見のシェアを行う際には、話しやすい明るい雰囲気作りを心がけました。

ワンネス経営研修では定番となった、リアルとオンラインのハイブリッド型での開催はここから誕生しました。

リアル会場はやっぱり良い!!

後半戦の4回目!わたしも実際に本社に行かせていただくことができました。

なんとこの日は、支店のメンバーも本社に集まり、全員揃っての受講です!

経営幹部の方が自分の失敗談等も含めて赤裸々に自己開示されている姿や、若手メンバーが自分のことを知ってもらおうと一生懸命お話されている姿が印象的でした。

初回にZoomで感じた消極的な空気はそこにはありませんでした。

振り返ってみると、社長や幹部メンバーと一般社員が同じ空間で、仕事以外の内容で自分の考えをシェアする機会は滅多に無いため、ただならぬ緊張感があったんだと分かりました。

心の距離が近くなることで、普段の報連相やコミュニケーションも円滑になっていく。
お互いを知るコミュニケーション=対話の大切さに気がつくことが出来ました。

そして、こんな時代だからこそ、私も直接お会いしてお話することができて、とっても嬉しかったです。

拒否反応!?からの一体感

最終回のスピーチでは、「研修前のわたし」を語っていただく際、「最初は研修に拒否反応があった」「正直嫌だなと思っていました」との声が多数ありました。

しかし、半年間の研修を通して大きく変化があったそうです。

自社の魅力や強みを理解し共有することの大切さに気づくことで、多くの人が「今後は主体性を発揮したい!」と宣言されていらっしゃいました。

また、普段は聞くことが出来ない社長の熱い思いを直接聞ける貴重な場となり、「成長を願ってもらえていることに感謝して期待に応えたい」という決意がとても印象的でした。

役職や年齢、肩書きではなく、リーダーシップは誰でも今すぐにでも発揮することが出来ます。

「一体感のあるチームづくりに貢献していこう!」とひとりひとりが一歩踏み出し、成長していく姿に毎回感動しながら、わたしも自分の仕事を誇らしく思いました。。

現在、幹部メンバーを中心としたアドバンスコース、そして、第2期の研修がスタートしております。

さらなる次世代育成に向け、社内イノベーションPJは続きます!!!

ワンネス経営のHPにて、導入事例や実際ご受講いただきましたお客様の声を掲載させていただいております。ぜひご覧ください!

▼ワンネス経営とは何か詳しく解説▼

ワンネス経営®プログラム